PR

【新潟県・佐渡市】すしや まるいし 本店 11皿 3,030円【2024年5月訪問】

寿司(鮨)
記事内に広告が含まれています。

すしや まるいし 本店

ホテルにチェックインをして、ゼッケンの取り付けなど明日の佐渡ロングライド2024参加に向けての準備を進めます。

あとは明日の朝食や水の買い出しに行けば終わりという状態となりました。

ホテルの目の前にスーパーがあり、水は無事に調達することができました。

しかし、おにぎりが1個しか売っておらず、他に米系で朝食になるものがなかったため、コンビニを目指すことにします。

コンビニまでは約1kmで、ロードバイクに乗れば一瞬で着きますが、ビンディングなど色々面倒なので徒歩で向かうことにします。

佐渡の回転寿司といえば、お昼に行った『佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店』の他に『すしや まるいし 本店』があります。

【新潟県・佐渡市】佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店 12皿+味噌汁 3,344円【2024年5月訪問】
佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店 両津港から島の反対側の佐和田までは予約していたシャトルバスで移動します。 受付会場でもある佐和田で受付などを済ませ、ゼッケンなどを受け取ったら、本日宿泊するホテルへとロードバイクで向かいます。 その道中にある...
すしや まるいし (佐渡市その他/回転寿司)
★★★☆☆3.47 ■予算(夜):¥1,000~¥1,999

目的のコンビニからさらに徒歩5分ぐらいで到着するようなので、せっかくなので訪れて、どちらが良いか比較していこうと思います。

夕方17時頃に到着し、早めのディナータイムということもあって待ちなく案内されました。

さっそく食べていきましょう。

【佐渡産】ばちまぐろ

ねっとりマグロの旨味を感じて美味しいです。

1皿170円は格安です。

【佐渡産】目鯛

食感はフワっとしていて、旨味は弱めなので、シャリが強調されます。

こちらを食べて気付きましたが、シャリが好みですね。

適度に酸もありつつ、少し硬めなのが好みです。

【佐渡産】にだこ

口に入れた瞬間にタコの旨味が広がります。

噛んでいるとより旨味が溢れ出てきます。

【佐渡産】アジ

水っぽい印象を受けました。

【佐渡産】バイ貝

ゴリゴリとした食感と、噛んでいると磯の風味と貝の甘さがでてきて美味しいです。

【佐渡産】ひらめ

フワっとした食感で、旨味は弱めな印象でした。

【佐渡産】たこぼうし

たこの足に比べるとかなり柔らかい食感でした。

甘いツメとの相性が良いです。

【佐渡産】ヤリイカ

適度に食感がありつつも、ねっとり甘く美味しかったです。

【佐渡産】ノドグロ

佐渡産ということなので、ノドグロを注文しました。

焼き魚を食べていると思うぐらいに強めに炙られています。

炙りが強いだけあって、その分脂が落ちてあっさりな印象に感じますが、炙り過ぎな印象があります。

カマトロ

和牛のような見た目をしていますが、以外にもあっさりな印象です。

噛んでいると味わいが強くなってきて、マグロの脂の香りが出てきます。

【佐渡産】ばちまぐろ

美味しかったので最後にもう一度ばちまぐろを食べて〆ました。

感想

11貫食べてお値段は3,040円でした。

個人的には『ばちまぐろ』が美味しいですし、170円と安いので、これをずっと食べていたぐらいでした。

それでは弁慶とまるいしを比較していきましょう。

価格帯に関しては弁慶もまるいしも同じぐらいといった印象です。

肝心の味はというと、個人的にはまるいしの方が好みでした。

シャリの硬さが好みでしたし、ネタに関しても美味しいと思うアタリのネタが多かったと思います。

あとは煮切り醤油が美味しかったですね。

市販のもののようで、帰りに寄った新潟駅にある『ぽんしゅ館 新潟驛店』で売っているのを見かけたのでお土産で購入したぐらいです。

新潟駅 | ぽんしゅ館
新潟駅 | 【越後魚沼のドラマを食で語る】 越後のお酒ミュージアム「ぽんしゅ館」 越後湯沢のエキナカスポット。越後新潟が誇る特産品やお土産品などを沢山取り揃えています。 唎酒体験をしたり、名物「爆弾おにぎり」を食べたり、エキナカなのに天然温...

どちらか片方しか訪れられないならまるいしを推します。

ただ、佐渡産の地物のネタとしては、弁慶にしかないネタもありますし、まるいしにしかないネタもありますので、せっかくなら両方訪れるというのが良いと思います。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ