PR

【新潟県・新潟市】鈴木鮮魚 刺盛りA+他 5,050円【2024年5月訪問】

海鮮
記事内に広告が含まれています。

鈴木鮮魚店

ホテルを10時にチェックアウトしたら、新潟の古町(ふるまち)というエリアに向かいます。

新潟駅から古町へは徒歩30分程度、バスなら10分程度でアクセスできます。

昔(20年以上前)は古町が栄えていましたが、新潟駅からの絶妙なアクセスの悪さから、だんだんと新潟駅により近い万代エリア(新潟駅から徒歩10分くらい)が栄えてきて、古町は徐々に衰退しつつありました。。

しかし、おしゃれな服・家具などのお店や飲食店ができたり、SNSによって昔ながらの飲食店がフィーチャーされたりしており、近年では面白いエリアになりつつあります。

この日は生憎の雨でしたが、ちょうど晴れていたタイミングでしたので歩いて向かうことにします。

ホテルから徒歩20分ほどで、青海ショッピングセンター内にある『鈴木鮮魚』に到着です。

新潟本町 鈴木鮮魚 (新潟/食堂)
★★★☆☆3.55 ■予算(夜):¥3,000~¥3,999

こちらのお店では海鮮の加工品を購入することはもちろんですが、店内では海鮮丼などを食べることができたり、海鮮をつまみにお酒を飲むことができます。

瓶ビール

まずは瓶ビールで喉を潤します。

ちょうどメジャーリーグが放送されており、ダルビッシュ選手が日米通算200勝を挙げた試合でした。

朝からメジャー見ながら酒飲めるのは幸せですね。

刺盛りA

刺盛りAと刺盛りBがあり、値段的に高い刺盛りAの方でお願いしました。

つぶ貝

待ちきれずに写真を撮る前に食べてしまいましたが、上の写真の一番右です。

コリコリとした食感と磯の風味、噛んでいると貝の甘さをしっかりと感じることができ、美味しいです。

ピントが合っていませんが、写真の上にある皮目のある魚です。

皮目にしっかりと旨味を感じ、美味しいです。

メバル?

おそらくメバルかと思います。

脂をほのかに感じ、旨味もしっかりとあります。

佐渡の『佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店』で食べたメバルよりも美味しいです。

【新潟県・佐渡市】佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店 12皿+味噌汁 3,344円【2024年5月訪問】
佐渡 廻転寿司 弁慶 佐渡本店 両津港から島の反対側の佐和田までは予約していたシャトルバスで移動します。 受付会場でもある佐和田で受付などを済ませ、ゼッケンなどを受け取ったら、本日宿泊するホテルへとロードバイクで向かいます。 その道中にある...

キンメダイ

少しクセを感じました。

しかし、脂もあってキンメ特有の香りもあります。

ノドグロ

皮目が炙られています。

脂はあっさりしていました。

旨味はしっかりと感じられるので、脂がこれぐらい控えめな方が個人的には好みです。

甘エビ

濃厚でしっかりと甘いです。

これはなんの魚でしょうか。。?

脂がある白身という感じです。

ブリ

濃厚な味わいでクセは全く感じません。

ブリブリな食感もよかったです。

大トロ

脂と香りがしっかりとあって、すっと溶けていきます。

つきみずのいけ

瓶ビールを飲みきったので、日本酒に切り替えていきます。

甘さもありますがドライな印象で、食中酒としてはピッタリな印象です。

飲んでいると結構酔ってきて、裏面を見るとやはり醸造アルコールが使用されていました。

個人的に醸造アルコールが入った日本酒は悪酔いしやすくなるので苦手です。

日本酒のラインナップは豊富でしたが、基本ワンカップのようなので、醸造アルコールは避けようがないかもしれません。

生牡蠣

生牡蠣は1個750円、1,000円、1,500円から選ぶことができ、実物を見てから決めることができます。

結構大きさが違うので、実物を見ちゃったら1,500円の牡蠣を頼むしかないという感じの差がありました。

1口で食べるのは無理なほど大きいです。

かなりクリーミーで磯の風味もあって、めちゃくちゃ美味しかったです。

カワハギのお造り

どんなお店でもメニューにあれば必ず注文するのが、カワハギのお造りです。

身のコリッとした食感も好きですが、何よりも肝が美味いですよね。

感想

瓶ビールと日本酒、刺盛り、生牡蠣、カワハギのお造りで合計5,050円でした。

金額だけ見るといいお値段しますが、内容を考えると安いと思います。

朝10時過ぎでしたが、テーブル席はほぼ埋まっているという状態で、それが納得するレベルで美味しかったですね。

今回は刺し身を中心に頂きましたが、焼き魚や揚げ物、塩辛などの1品系も充実しているので、2人以上なら色々と楽しむことができると思います。

新潟駅の近くでないというのがネックではありますが、新潟を何回か訪れていて、新潟駅周辺に飽きたという方におすすめです。

ブログランキング・にほんブログ村へにほんブログ村 グルメブログへにほんブログ村 グルメブログ 日本全国食べ歩きへ